全中四国学生ジムカーナ選手権大会


平成22年5月3日に広島のTSタカタサーキットで開催された中四国ジムカーナに、岡大自動車部として数年振りに参加してきました。
そのご報告を。

5月2日

正午。春休みの悪夢のような突貫工事によって無事完成したEG6を積載車に積み込み、
試合会場である広島のTSタカタサーキットへ向けて出発。
 
                       
しかし出発後、高速道路にて早速ゴールデンウィーク恒例の渋滞にはまり、当日泊る宿に着いたのは5時間後の夕方のことだった。
小鳥のさえずりをBGMに,のどかな田園風景の中を走るトラック。その中にはサングラスをかけたお兄さん二人。荷台には「岡山大学」と書かれた赤くて怪しい車・・・。
地元の人の視線を一人占めにしつつ、途中で狭い道幅とパトカーに乗ったポリスメーンに若干ビビりながらトラックは宿の駐車場へ。

宿でノリのいいおばちゃんの作る夕食を食し(山菜うまかった)、部屋で修学旅行のようなテンションでくだらない会話をした後は翌日に備えて早め(?)に就寝。



5月3日

朝にめっぽう弱い車部だが朝6時に起床。
7時30分にタカタサーキットへ乗り込み準備開始。岡大参上よろしくね。
無事に車検・慣熟歩行を終え、いよいよスタートラインへ。一本目はミスコースしないことを目標に3人とも安全運転。
無事完走を果たし、岡大自動車部というチームとしての記録を残すことができた。
しかし!無理矢理取り付けたパワステのベルトが滑ってめちゃくちゃうるさい。とにかくうるさい
ターンのたびに奇声をあげる車。あまりのうるささに突っ込む実況。ベルトが干渉してじわじわ削れるライトの裏側・・・。
だがそんなことは知ったこっちゃない。直すのは帰ってからだ。とにかく最後まで走りきるんだシビック!!!!!!!!



一本目で記録は残した。二本目はとにかく激攻めするのみ。
1人目 宇都宮
普段は車を横に向けたがる彼も、今日は本気のジムカーナ。
終始エンジンの回転は。レッドゾーンって何!?それってうめぇの? しかしそれでもぶち回り続ける頑丈なエンジン。
激攻め走行により記録は見事一本目を5秒更新するも、パイロンタッチと脱輪で3ペナルティ。運転が荒すぎたか。
2人目 岡田
人生初のジムカーナ&人生2回目のサーキット走行が公式戦って・・・。ペダルを踏む足はガクガク。
スタート直後にVTECサウンドを響かせながらコースへー。しかし、その直後エンジン音ははかなく途切れることとなる。
開始5秒でまさかの4輪脱輪。島の中に鎮座するシビック。その中にはバックミラーで黒旗を確認して放心状態の選手ー。
これが噂の若気の至りというやつか。
3人目 木下
エースドライバー参上。
昼休みにコースをもう一度歩き、ライン、シフトチェンジのタイミングを再確認。イメージトレーニングもバッチリ。
スタート後も確実な運転を見せ、見ていた誰もがタイムの更新を期待した。
しかーーし、必殺「立ち上がりニュートラルギア」によって惜しくも更新ならず。一本目のタイムがそのまま採用されました。
オープン参加 野上
なんか、しれっとタイムを更新。以上


なんやかんやで全員が完走を果たし、団体戦でも記録を残すことができた。
その後高速道路を岡山へ向けて疾走し、途中で渋滞にはまりながらも無事岡大へ帰還。
疲れた体で家路へとつくのであった・・・。

もどる

inserted by FC2 system